私たち、
広中電機で働いています。

voice “We work at HIRONAKA.”

私たち、
広中電機で働いています。

voice “We work at HIRONAKA.”

2017年新卒入社

髙橋佑介

安城電材営業所所属/経済学部

Interview for STAFF

ホーム>>社員紹介>>髙橋佑介

Question01

入社のきっかけは?

企業説明会に参加し、採用担当の方と話をしていく内に少しずつ営業職というものに興味が出てきました。
地元で働きたいという思いが強く、愛知・静岡に拠点がある企業に魅力を感じていました。
実際に本社を見学させて頂いた際に仕事をしている先輩社員の姿を見て私もこのような社会人になりたいという思いが強くなり入社を決意しました。
更に私の場合は人と話すのが好きということもあり、日々の仕事の中で色々な人と関わることができる・自分自身が成長できると思い営業職に就こうと思いました。

Question02

会社の雰囲気を教えて下さい

入社した当初は、先輩の皆さんが怖い存在でしたが、日が経つにつれ皆さん気さくな良い人たちで安心しました。
和気あいあいとした雰囲気の中で、些細な質問にも手を止めて答えてくれる先輩たちで、気軽に質問・相談ができる雰囲気です。休日には同じ趣味を持った方たちと過ごしたりしています。
私の営業所では営業職の半分以上が20代と他の営業所よりも若いので、勢いとガッツに溢れている営業所となっています。

Question03

学生に向けてメッセージ

電材というワードを聞いて専門的な知識がないと駄目なのかなという印象を持つ方もいると思います。
それは、日常の仕事の中で身につく部分でもあり研修のカリキュラムも組まれいるので、全く問題ありません。入社すぐは分からないことだらけの毎日です。日々新しいことにチャレンジで毎日が勉強です。教育係の先輩が専属でサポートしてくれるので安心です。
仕事なので毎日、楽しいことばかりとは言えませんが、向上心を持って取り組むことが大切です。指示されたことだけに取組むのではなく+αの動きができるように自分自身で考えながら仕事に対して向き合って欲しいです。
私も皆さんに負けないように今まで以上に頑張りたいと思います。

私たちの扱っている商材は身の回りにたくさんあります。家にあるスイッチやコンセント、照明器具、エアコンなど例をあげると数えきれないほどたくさんあります。少し意識をして周りを見てみると面白いかもしれません。

主な仕事内容

基本的には電気工事店様へのルート営業です。午前中は直接現場へ注文を貰った商品を納品したり、営業所の倉庫から材料出しをしたりしています。
午後からは工事店様の会社へ材料の納品を兼ねて営業に向かいます。その際に、明日使用される材料の発注を頂いたり、今後必要となる商品の打ち合わせをしたり商品についての問い合わせを頂いたりします。
問い合わせの内容を帰社してからはカタログで調べたり、取扱いメーカー様へ確認をして、お客様への回答をしています。
時には現場での調査・打ち合わせに行くこともあります。図面からの見積作成を行うこともあります。一般住宅や店舗・工場など新築物件から改修物件などを扱っています。帰社してからはパソコンを使用する時間が多くなります。
私たちの仕事は電材の卸売なので、電気工事店様とメーカー様を繋ぐパイプ役的な役割を担っています。取扱い商品が多いので全てを完璧にこなすことは難しいですが、少しでもお客様の役に立てるように日々勉強しながら取組んでいます。
先ほどのメッセージの欄にも記載しましたが、私も日々お客様から発注・問合せを頂いた際に+αの回答ができるように「こういう商品もありますよ」「この材料は必要ないですか?」など、提案・確認を行えるように意識しながら仕事に取組んでいます。

仕事のやりがい

やはり1番はお客様からの感謝の言葉です。「ありがとう」や「助かったよ」 などの言葉を貰った時、自分で提案した商品が採用されたり、お客様から頼られていると実感する時は頑張ってきて良かったなと思います。
日々、お客様から教えて頂くことが多く商品知識であったり材料の用途、施工方法などたくさんありますが、昨日まで分からなかった事を提案できるようになったり、問い合わせを頂いた際にメーカーや先輩に確認することなく、その場で回答できたりした時、自分の成長を感じます。

工事店様に営業に行った際に、「待ってたよ」などの声を掛けて貰えると可愛がられていると思うと嬉しくなります。
目標売上金額に対しての進捗状況が良かったり、高額物件を受注出来たりすることも仕事に対しての楽しみの1つです。

嬉しかった事

初めはあいさつ程度しか交わしてくれなかったお客様から名前を呼ばれたとき、辛い思いもありましたが挫けずに顔を出して良かったなと嬉しい気持ちになります。
毎日のように顔を合わせることで人間関係が築かれ可愛がって貰えるんだと思い日々励んでいます。
新入社員のころは、先輩の後ろを付いて一緒に営業に回らせてもらいなかなか自分に話し掛けてもらうことができずに、どうやったら自分をアピールできるのかなと感じながら、仕事以外のプライベートな話や趣味の話などをしていました。

初めてお客様から直接注文を貰った時に営業として認められた気がしました。
納品した商品が使われている現場を直接見て「あ、これは自分が納品した商品だ!」と誇らしい気持ちになりました。
私たちの扱っている電材という商品は様々な所から買うことが可能です。電材の競合他社ももちろんありますし、ホームセンターやインターネットからも買うことが出来ます。しかし「あなたから商品を買いたい」とお客様から思って頂けることが一番大切だと思い日々の営業に取組んでいます。その為には、お客様と親密になることは当然大事なのですが、他社とは違うメリットを生み出すことだと思います。人対人の関係なのでお客様が求められていることに対してよりスピーディー回答する事を意識していますが、当然失敗することもあります。怒られることもありますがその後のアフターケアによってお客様に納得して頂けるように、お客様目線で何が一番最適なのかを考えて仕事に取組む事が大切だと感じます。

私一人で解決できないこともあります。その時は上司・先輩に「報告・連絡・相談」。
成功したことも、失敗したことも些細なことでも共有することを心がけています。

HIRONAKA NETWORK

弊社では、お客様へ必要な時にご対応出来る様、愛知県下13箇所、静岡県下1箇所の全14箇所の営業ネットワークと
物流倉庫を展開しております。
お客様へ安全・安心・迅速な商品のご提供に努めております。

営業所のご案内